過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士、どちらも法律関連の士業として広く知られていますが、この両者の違いについてご存知でしょうかもちろん共通した部分もありますが、前者はあくまでも法律のエキスパートであり、法律関連業務をすべて行うことができます。法廷での代理業務や法律相談が主な仕事です。また、資格を得た時点で、税理士など複数の士業の資格を持つことができます。

一方後者は、元々は登記や供託の仕事を中心とする士業で、それ以外に財産管理や成年後見、遺言実行にも携わることができます。かつては代書人と呼ばれていました。それが、2003年に認定司法書士制度が設けられて以来、簡易裁判所での代理業務を行えるようになったのです。ですから、少額訴訟や債務整理、民事調停などといった民事関連であれば、どちらの士業でも依頼することができます。ただし弁護士とは違い、対象となる金額は140万円までに限定されています。140万円を超過するけど依頼したい場合は、本人が裁判所に行く時に同行する形を取ります。もちろん、書類は作ってもらえます。また、刑事事件には関与が出来ません。

それ以外にもいくつかの違いがあります。弁護士は、かつては司法省の監督下におかれていましたが、第二次大戦後に新しい弁護士法が施行されたため、それがなくなりました。また、法律相談は基本的に有料で、30分につき5400円がかかりますが、最近は廃止する事務所も増えています。記章はヒマワリと天秤があしらわれています。資格を得るには法科大学院を修了し、そのうえで司法試験に合格、司法修習という手続きを経ますが、最高裁判所裁判官や検察官などの経験がある人には、その資格が与えられることもあります。

方や司法書士は、今も法務省の監督下にあります。正確にいえば、各地域の法務局の監督下にあります。相談は有料の事務所もあり、無料の事務所もありと様々です、記章は五三桐花です。資格を得るには国家試験を受けますが、この試験はまず筆記試験が行われ、筆記試験に合格した人を対象に口述試験が行われます。この場合も、裁判所の事務官や判事の職を経験した人には、口述試験、場合によっては筆記試験の結果により資格が与えられます。

一般に司法書士の場合は、法律関連すべてに関われるわけではないので、制約が多く、そのため場合によっては根本的な解決になりにくいこともあります。ですから民事関連で法律相談を行う場合は、弁護士と司法書士、それぞれがどの程度まで関与できるのか、その違いを見極めてから相談するのがお勧めです。

過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ