過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 消費者金融の過払い金請求

大手消費者金融の過払い金について

  • アコムの過払い金請求の場合
  • オリコの過払い金請求の場合
  • レイクの過払い金請求の場合
  • アイフルの過払い金請求の場合
  • プロミスの過払い金請求の場合
  • 過払い金問題は弁護士、司法書士に相談

    過払い金というのは、グレーゾーン金利と法定金利の差額金です。昔の消費者金融は、グレーゾーン金利で貸付けてきました。昔はそれで良かったのですが、現在は法定金利と決まっています。現在で言えば、グレーゾーン金利は違法金利です。違法金利になりますから、グレーゾーン金利と法定金利の差額を取り返すことができます。差額を取り返す手続きを過払い金請求と言います。

    >>グレーゾーン金利の詳細はこちら

    手続きは法的なものになるので、法律家に依頼するほうが良いでしょう。個人でできないこともないですが、手間がかかりすぎます。法律家に依頼すれば、長くて半年です。個人でやるなら、1年はかかります。場合によっては、1年以上かかるでしょう。ですから、個人でやるのはおすすめできません。

    やはり、弁護士か司法書士に依頼したほうが良いと思います。過払い金が140万円以上であるなら、弁護士に依頼します。それ以下の金額は司法書士に依頼すると良いです。弁護士に依頼する場合は、支払い報酬がアップします。過払い金が多いので、それだけ費用が多くなります。司法書士は一般的に費用が安いと言われますが、実際にそんなことはありません。

    費用の安い司法書士もいれば、費用の高い司法書士もいます。弁護士や司法書士を選ぶなら、まず費用の相場を調べましょう。費用の相場はネットで探すことができます。相場を調べた後で、法律家を選びます。相場を知らないと、多く費用を取られます。最近は過払い金請求が下火になっていますから、費用を多く請求する法律家もいます。過払い金請求には、時効というものがあります。だいたい10年を過ぎると、無効になってしまいます。

    過払い金がなくなることになりますから、請求することもできなくなります。グレーゾーン金利に心当たりのある方は、すぐに請求したほうが良いと思います。キャッシング利用者が多いと思いますが、クレジットカードの場合も請求できます。基本的にグレーゾーン金利で利用すると過払い金が発生します。

    過払い金が発生しているかどうかは、取引履歴を確認するとわかります。取引履歴を調べるなら、金融機関に開示を要求してください。取引履歴の開示を断る金融機関は少ないと思います。電話で問い合わせるだけですから、難しいことは一切ありません。法律家に依頼するタイミングは、取引履歴を調べた後になります。過払い金を確認してから、依頼するということです。先ほども言いましたが、時効があります。お金を取り返したいなら、今すぐに過払い金請求しましょう。

    過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
    過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ