過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 利息制限法 » 利息制限法と遅延損害金

利息制限法と遅延損害金

最近テレビCMなどで、過払い金の返還期限が迫っています。2010年以前に消費者金融等の貸金業者で取引をされていた方には過払い金が発生しています。お心当たりの方は法律事務所へ相談しましょうといったCMが良く流れています。過払い金という言葉は聞いたことがあるけれど、具体的にどういったものかを良く知らないという方がほとんどです。

過払い金とは、かつて存在していたグレーゾーン金利で契約をしていて、その金利で発生した利息のことをいいます。まず、グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利をはるかに超えて出資法の上限金利である29.2%以下の金利のことをいいます。利息制限法では、限度額に応じて上限金利が決まっています。

10万円未満が20%、10万円以上100万円未満が18%、100万円以上の限度額が15%と定めらているにもかかわらず、この上限金利をはるかに超えて融資をしていたのです。というのも上限金利を超えて融資をしても罰則規定がなかったため出資法に基づいてほとんどの貸金業者が融資をしていたのです。しかし、それが違法であるという判決が多く出たことから貸金業法が改正されて、出資法の上限金利も引き下げられることになったのです。

そのため、グレーゾーン金利で契約をされていた方は過払い金が発生していることがあるのです。また、過払い金請求には時効があり、完済から10年です。10年経過すると請求できる権利がなくなってしまいますのではやめの手続きが必要になります。また、遅延損害金です。遅延損害金は、返済期日が到来しても返済が無かった場合に契約している金利ではなく20%の高金利がかかることになります。

返済期日を1日でも過ぎたからといってすぐに遅延損害金が適用されるわけではないのですが、大幅に延滞して将来、契約通りの返済に回復する見込みがないと判断されるとかかってしまいます。しかし、100万円で契約している人も返済が遅れると20%の金利になります。利息制限法では上限金利が100万円の限度額の方は15%が上限金利と決まっています。

返済が遅れると20%になってしまうのですから、違法ではないのかとなります。これは違法な金利ではなく、返済が遅れたことにより損害を被ったということでいわば損害賠償金なのです。利息制限法とは違う法律になりますので、上限金利をこえて20%という金利で利息をとってもなんら違法なことではないのです。

利息制限法関連記事

  • 利息制限法の上限金利
  • 利息制限法の上限利率と過払い金
  • 利息制限法の知識や判例等に関して
  • 利息制限法と遅延損害金
  • 過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
    過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ