過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 利息制限法 » 利息制限法の判例

利息制限法の判例

利息制限法では高利から債務者を保護するために制定をされています。この法律に関する判例についてはネット上等の専門のサイト等でみることができます。このような利息制限法に関しての過去の最高裁での判決では、債務者保護の規定になっていることが分かる判例等があります。

またこの法律では元本10万円を超えないケースでは年20パーセントの上限金利となっています。また10万円から100万円未満に関しては年18パーセントに金利になります。この他に100万円以上では15パーセントと定められています。

このような法律による上限金利が定められていましたが、罰則がありませんでした。このため金融の業者ではこの法律を過去守っておらず、出資法の上限金利を守っていました。この出資法では罰則が厳しくあったため、金融業者ではこのような出資法の上限金利の範囲内で過去に利用者へ対して貸出しを行なっていました。

2010年に出資法が改正されるまで、金融業者では利息制限法の上限金利の20パーセントを大幅に超過する金利の水準で利用者に貸出しを行なっていました。これは出資法と利息制限法の上限金利が違っていることから起こったのであり、これをグレーゾーン金利と呼んでいました。この出資法では29パーセントを超える金利が上限の金利であり、現在は改正がされています。本来この20パーセントを超える利息については払う必要のないものになります。

これを超えて支払いをしていたケースでは過払い請求をすることができるようになります。弁護士等にこのような過払い金について相談をすることができます。また弁護士等に依頼をして、こうした過払い金の返還請求を金融の業者に対してするケースがあります。またこのような利息制限法では、借金の利息等の利率制限をしているのが主な目的になります。

この法律に関しては元本の金額が大きくなるほどに利率の制限が厳しくなっていることが特徴になります。この法律には刑罰や行政罰の規定がありませんが、現在では貸し金業法と出資法とこの法律の3つに乖離がないよう法律が改正されています。この違反をする利率の利息でお金を貸すことになると、金融業者は出資法の違反となり刑罰を科されるようになります。この法律は貸金三法の一つになっており、この他には出資法と貸金業法があります。債務整理等の際には、このような貸金三法についての知識を持つことが必要不可欠になります。

利息制限法関連記事

  • 利息制限法の上限金利
  • 利息制限法の上限利率と過払い金
  • 利息制限法の知識や判例等に関して
  • 利息制限法と遅延損害金
  • 過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
    過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ