過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 過払い金請求を自分で

過払い金請求を自分で行う

過払い金が発生していることが分かっており、請求を行いたいと考えている場合、どの様な手段があるでしょうか。もちろん、専門家に依頼する方法もありますが、自分で行うことも可能です。ここからは、自分で過払い金請求を行う場合のメリットとデメリット、そしてその方法を紹介します。

まず、メリットとして、弁護士や司法書士に依頼した場合と比べ、依頼先へ報酬を払う必要がありません。次にデメリットとして、時間や手間がかかること、家族に借金を知られてしまう可能性があることなどが挙げられます。

これらを踏まえ、自分で過払い金請求をしようと決断した場合、以下のような手順で行います。まず、取引履歴を取得します。これは、貸金業者へ取引履歴請求書を作成して送付することで取得できます。次に、過払い金の引き直し計算を行います。

取得した履歴をもとに、過払い金計算ソフトを利用する等の方法で計算します。ここまでの作業で、過払い金がいくら発生しているかが分かりますので、次に実際に請求を行います。貸金業者へ過払い金請求書を送付することで、請求を行います。請求書は、インターネットでひな形をダウンロードすることもできます。

そして、貸金業者との和解交渉を行っていきます。電話などで交渉を進めます。ここでの注意点として、自分で交渉を行う場合は特に、実際の金額より安い金額での和解を求められる可能性があります。ですが、正確な金額を請求することは正当な権利ですので、満額を返してもらえるよう対応しましょう。この和解交渉で満足のいく金額を得ることができなかった場合は、過払い金返済請求訴訟を行うことになります。

訴訟には、訴状や証拠説明書、これまでに取得している取引履歴や引き直し計算書が必要となります。必要書類と必要となる費用を確認した上で、管轄の裁判所に必要書類を提出します。管轄裁判所に関しては、お金を借りる際の契約書に記載があるばずですので確認しましょう。契約書が見つからない場合は直接貸金業者に連絡して確認しましょう。

以上のような過程を経て、和解が成立した場合や勝訴判決を獲得することができた場合、貸金業者から過払い金を受け取ることができます。以上が、自分で過払い金請求を行うための手順となります。最後に、この様な方法をとる場合、事前の知識習得と準備が非常に重要となりますので、ここまで紹介してきたような知識をしっかりと持ち、準備を行いましょう。そして、途中で困難があった場合は、専門家への相談ができることも常に頭に入れておきましょう。

過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ