過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 過払い金請求に必要なもの

過払い金請求に必要なもの

過払い金請求に必要なもの自分で準備しなければならないものは特にないです。借りていた消費者金融の会社名が分かれば手続きできるのです。ただし、これは司法書士や弁護士など法律事務所に手続きを依頼する場合に限ります。なぜかというと、過払い金がいくらになっているのかの計算ですが、毎回融資や返済をするたびに領収書がATMからでてきますが、それを毎回毎回取引ごとに保管しているという人は少ないです。

取引をしてきた履歴が領収書で分からないと、どんな返済をしてきたのかが分かりませんが、これは消費者金融にも貸金業法で定めらえているとおり、帳簿の備え付けということが義務付けられています。そのため消費者金融には顧客ひとりひとりの取引データが契約開始から最終取引の完済するまですべてデータとして保管してあるのです。

また、この取引データは顧客から閲覧の希望があった場合には、直ちに開示しなければならないとされています。そのため、電話1本で取引の履歴は取り寄せることができるのです。それを法律事務所におまかせすることで、過払い金を請求する方針である文書の作成や取引履歴の開示を請求する文書まで作成して手続きをしてもらうことができるので、すべて一任する形となります。

取引データが保管されているのですから、依頼者は借りていた会社名さえ分かれば、あとは本人確認するために氏名、生年月日、登録時の住所、などで確認がとれれば取引データは開示してもらえます。取り寄せた取引履歴をもとに、法律で定められている上限金利以下に金利を引き直して計算をすると、いくら払いすぎていたのかということが分かるのです。

あとは、法律事務所で過払い金の金額や支払方法について債権者である消費者金融と交渉してくれますので、返還を受けるのを待つだけになります。個人で過払い金を請求する場合は、まず自分で取引履歴を金融機関から取り寄せて、自分で計算をします。インターネット上では簡単に過払い金の金額を計算できるフリーソフトがありますので、これで計算ができます。

そして、不当利得返還請求書というタイトルで文書を作成します。記載内容は過払い金額、返還の振込先、過払いが発生している根拠、あなたの氏名や住所などを記載して送付します。そうすると、電話で連絡がかかってきますので、あとは債権者と交渉することになります。訴訟へ移行すると出廷する必要があります。手続きに労力を使うので、法律事務所で依頼する法がメリットの場合もあります。

過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ