過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » グレーゾーン金利と過払い金 » グレーゾーン金利の過払い金問題

グレーゾーン金利による過払い問題

かつて、消費者金融の貸付にはグレーゾーン金利というものがありました。これはどういうものかといいますと、法定金利が20パーセントであるにも関わらず、29.2パーセントまでの金利なら罰則規定が設けられていなかったため、多くの消費者金融で、法定の20パーセントを超える金利での融資が行われていました。しかし、これは利用者から問題視されていました。

2006年の1月に最高裁判決で、このグレーゾーン金利が問題視され、その後かつての消費者金融の利用者から、払い過ぎた金利の分を取り戻そうという声が上がるようになりました。これを過払い請求といいます。この声が大きくなったため、法律事務所や司法書士事務所の中には、過払い請求を看板とする事務所も出て来るようになりました。また、これに合わせて、消費者金融に適用される貸金業法を見直す動きが出て来ました。

その後貸金業法は、段階的に検討がされ、2010年の6月に施行されました。これによってグレーゾーン金利は姿を消し、法定金利の20パーセントを超えて融資を行った業者は、処罰の対象となったのです。また、借り過ぎを防ぐ目的で、総量規制が新たに盛り込まれました。

過払い金請求は、今でも行うことが出来ます。最終取引から10年以内であれば大丈夫ですので、改正貸金業法の施行から逆算して、あと4年から5年ほどの間に済ませておきたいものです。自分でも計算はできますが、できれば弁護士や司法書士に頼んでやってもらうといいでしょう。その時には契約書とか取引履歴といった、貸し借りの状況がわかる書類を持って行くようにしてください。そして、もちろん電話予約を入れて、当日は遅れないようにしましょう。知人に弁護士や司法書士がいない場合は、法テラスで相談するのがお勧めです。

また、債務整理時に過払いがわかるケースもあります。任意整理の場合に、債務額を現行の貸金業法の金利で計算し直した場合にわかることが多く、過払い金があまりにも多い場合は、任意整理をしなくてもいいことがあります。またこの場合、ブラックリストに載るのではないかと思う人もいるでしょうが、過払い金の有無を調べるだけであれば、ブラックリスト入りすることはまずありません。

以前消費者金融を利用していて、10年以内に完済した人は、グレーゾーン金利による過払いがないか、一度チェックしてもらうといいでしょう。なお、過払い金の調査の報酬の相場ですが、事務所によって多少異なります。およその目安としては、取り戻した額の18パーセントから20パーセント程度です。

グレーゾーン金利関連記事

  • グレーゾーン金利が廃止
  • グレーゾーン金利による過払い問題について
  • グレーゾーン金利を計算ことについて
  • グレーゾーン金利の時効について
  • 過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
    過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ