過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 過払い金請求デメリット

過払い金請求のデメリット

過払い金請求は、違法な金利で発生した支払っていた利息を取り戻す手続きのことです。払いすぎた利息が現金として戻ってくれば、そのまま自分の収入になりますので自由に使ってもいいのでメリットしかないように思えますが、デメリットも存在するのです。

それは個人で行うか法律事務所に依頼するかによっても違います。個人で行う場合は、費用も安価で請求することができます。しかし、個人であると債権者である金融機関と折り合いがつかずなかなか和解に至らないとなると訴訟へと移行します。

そうなると裁判所へ出廷しなければなりませんし、手続きに必要な書類も自分で準備し平日に出廷しなければなりませんので、日中仕事の方は休みをとっていくなどしなければならないです。また、早く現金を取り戻したいがために本来であればもっと請求してもいいのに妥協して返還額が小さくなってしまうということもあります。

そうなると法律事務所に依頼をしたほうがとなります。法律事務所であれば実績のあるところであると、過払い金の請求金額の交渉もスムーズにすすめることができます。訴訟へ移行した場合も代わりに出廷しますので、すべてお任せで手続きができます。デメリットとしては、成功報酬として取り戻した金額の中から数パーセント差し引かれて戻ってくることになります。

どちらにしてもメリットとデメリットがあります。また、過払い金請求は本来であれば借金をすべて完済して残高が0になってから払いすぎていた利息があるのではないかとする手続きです。それが、完済をしていなくても返済途中でも手続きをすることができるのです。特に取引期間の長い人となると、借りたり返したりを繰り返しています。

利息制限法を超える違法な金利で契約をしていた時期があると、その時の支払いすぎていた利息が取り戻せます。しかし、過払い金を計算したところすでに何年も前に完済し終えていたのであれば特に問題はないのですが、過払い金を計算してみたら借金の減額になるにとどまったとなると、これは過払い金請求ではなく任意整理という手続きになります。

そうすると信用情報機関に契約見直しという情報が登録されてしまうデメリットがあります。そのため今後新たにローンを組んだりクレジットカードを作成する、携帯電話の契約をするのが難しくなります。ただし、減額された借金は金利がかかることなく分割で返済ができるように返済計画を立て直すことができます。

過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ