過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ

過払い金請求の費用や評判を徹底調査!

一年後に差がつく過払い金請求
実績のある弁護士、司法書士を厳選して紹介
トップページ » 過払い金請求ができない場合

過払い金請求ができない場合

 過払い金が発生しているにもかかわらず、過払い金請求ができない場合があります。過払い金請求には、時効があるからです。15%〜20%の借り入れをしていて、完済されている人の場合には、完済されてから10年以上経過していると、時効が成立していますので、過払い金請求をする権利が消失しています。つまり、言い換えれば、時効は10年となっていますので、10年以内であれば、借金を完済していても、過払い金請求はできるということです。

 過払い金は、これまでに多く払い過ぎているお金、戻ってきて当然のお金のことです。過去の取引履歴がわからない、明細書などがすでに手元にないなどという人でも、貸金業者に請求すれば、取引履歴を入手することが可能です。過払い金が発生している可能性がある人は、早めに返還手続きを始めることをおすすめします。

 ちなみに、過払金請求ができない場合として、お金の借入先が正規の貸金業者ではなく、ヤミ金だった場合が挙げられます。現在では相手が所在不明であったりなど、さまざまな理由から、ヤミ金の場合には過払い金請求が、物理的に困難になる場合もあり得ます。

 過払い金返還請求を行うことのメリットとしては、払い過ぎた金利を取り戻すことができますので、現在の借金がなくなる可能性があります。また、過払い金が発生しているのならば、完済とまではいかなくても、少なくとも現在の借金の残債を減少させることはできます。

 過払い金が発生する契約については、2010年6月18日に施行された、法改正以前のものに限られます。法改正後は、法定利息内での契約となりますので、年利が15%〜20%以内となっています。そのほかにも、法改正以前でも、取引期間が短かった場合には、過払金は発生していないこともあります。

 以前は完済した取引であっても、過払金返還請求を行うと「契約見直し」という情報が、個人信用情報機関に記載されました。いわゆるブラックリストに載っていたというわけです。しかし現在では、過払金返還請求の情報は、記載されなくなりましたので、ブラックリストに載る心配は不要です。また、過去に過払金返還請求を行って、情報が載っていた人の場合にでも、現在ではその情報は抹消されています。

 契約見直しという情報が載っていると、貸金業者に新規の融資の申込みをする際に、審査が厳しくなったということが、過払金返還請求の情報を登録しなくなった背景にあります。払い過ぎていたお金を取り戻すことは、正当な権利であるとして、信用情報機関に載せないように、金融庁が取り決めたというわけです。

過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ
過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミランキング|まずは無料相談へ